後悔する前に、検診
4月 10, 2014

セットで購入できる

赤ちゃんの靴下

不妊治療である排卵検査薬は、尿に含まれる黄体形成ホルモンの量を測定するものです。これによって、排卵の時期を知る事ができます。ちなみに、排卵検査薬が最も強く反応した時から3日間が妊娠が高い時期となっています。 排卵検査薬にもいくつかの種類がありますが、尿中の黄体形成ホルモンを測定する事には違いありません。排卵検査薬には、黄体形成ホルモンを測定する場所に尿をかけるタイプとつけるタイプがあります。つけるタイプの場合は、尿を容器に溜めそこへ排卵検査薬を指定の位置までつけます。尿をかけるタイプは、排尿時に排卵検査薬を尿の所までもっていき、尿をかけます。その後、1分間程安定した場所におく事によって測定窓に表示がでます。 排卵検査薬は妊娠検査薬と違い、一定期間使用し続けるものです。その為、1本や2本と言った少数で販売されているのではなく、○日間分とセットになって販売されているものが多いです。ですので、○日分まとめて購入する事ができます。 [...]
Read More »

4月 10, 2014

30日間使用する事もできる

薬1週間分

不妊治療の1つである排卵検査薬は、排卵の目安を色によって測定できるものです。その為、一定期間にわたって使用した排卵検査薬には日付や時間を記入しておく事も効果的な使い方です。例えば、10日間によって使用した排卵検査薬を並べる事により、色の濃さを比べる事ができます。更に、日付を記載していれば、どの日が最も色が濃かったのか知る事ができます。つまり、最も排卵の可能性が高い時期を目でみて判断できるのです。 排卵検査薬は、排卵日の10日前に使用する事が理想的です。しかし、排卵日がいつかはっきりしない場合もあります。その時は、生理の開始日を目安として使用のスタートをする事ができます。排卵日のおおよその時期がわからない時、生理が始まってから「11日」が経った時に使用する事がおすすめです。これにより、排卵検査薬を効果的に使用する事ができます。 しかし、このように生理開始日から○にち後から使用したり、排卵日の○日前から使用する以外にも方法があります。それは、30日間使用する方法です。つまり、1ヶ月間まずは使用する事によって、体の変化を知る事ができます。これによって、1ヶ月にわたる自分の体内の黄体形成ホルモンの変化を知る事ができます。 [...]
Read More »

4月 10, 2014

色の濃さによって

シンプルな薬

排卵が近づくに連れて、女性の体内には黄体形成ホルモンが多く分泌されます。そして、この黄体形成ホルモンは体外に排出される尿にも含まれます。不妊治療の1つである排卵検査薬は、この尿に含まれる黄体形成ホルモンを測定するものです。 尿に含まれる黄体形成ホルモンを知る為には、「排卵日がいつであるか」という事を知っておく必要があります。排卵日の時を予め予測しておく事によって、より排卵検査薬を使いこなす事ができます。おおよその排卵日が分かる場合、排卵日の「10日前」に排卵検査薬の使用をスタートする事が理想的です。排卵検査薬は、黄体形成ホルモンの分泌が最も強い時に反応が強く表示されます。また、この反応の強さは「色の濃さ」によって知る事ができます。つまり、色が最も濃い時が排卵の可能性が高い時なのです。 [...]
Read More »

4月 10, 2014

黄体形成ホルモンを測定

赤ちゃんの足と指

排卵日を知る事により、より高い確率で妊娠が期待できます。それは、受精はこの排卵日の時に行なわれるからです。 不妊治療の排卵検査薬はタイミング法の1つであり、文字通り検査薬を使用して排卵日の目安を知ります。女性の体の中では、排卵が近づくにつれて変化が起きます。その変化の1つとして、体温が下がる事がります。しかし、変化はそれだけではありません。この他にも、体内に分泌される成分にも変化が起きるのです。 排卵が近づく事により、変化が起きるのが「黄体形成ホルモン」です。これは、LHとも呼ばれているものであり、排卵が近づくとこのホルモンの分泌が活発になります。排卵検査薬は、黄体形成ホルモンの分泌を測定する事ができます。黄体形成ホルモンの分泌が最も多くなった時期は、排卵の目安日となります。つまり、この期間が最も妊娠しやすい時となるのです。このように、タイミング法には体内温度を測定して排卵日を知る方法だけではりません。他にも、分泌される黄体形成ホルモンの様子を知る方法があります。 [...]
Read More »

Copyright © 2014 不妊治療の1つである排卵検査薬の使い方や仕組みとは - Sweet Tech Theme